ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 新商品の卵を発掘

新商品の卵を発掘

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月2日更新
審査会のようす

審査会のようす
審査委員長の青村雅子さん
各委員から良いと思う商品が書き出される
 10月2日(火曜日)、“ながと美味しさ発見!プロジェクト”審査委員会が長門市物産観光センターで開催されました。 このプロジェクトは、地産・地消を通じた地元農水産物の需要拡大と食育の推進を目的としています。委員会では、長門の農水産物を使った加工品のアイデアを7月1日から9月7日まで県内で募集しました。そして、このたび113点の応募があり、その中から商品化ができそうなアイデアを選考するための審査会がこの日開かれました。審査会では、7人の審査員がそれぞれ良いと思うアイデアを発表し、その中から商品化が検討できる作品の選考や最優秀賞や優秀賞など各賞の審査が行われました。 なお、審査会の結果は、10月14日(日曜日)にルネッサながとで開催されるやまぐち元気フェアinながと・長門市健康づくりのつどいで発表されるということです。