ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 白石選手が入賞を報告

白石選手が入賞を報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月21日更新
レース展開を話す白石選手

レース展開を話す白石選手
表彰式のようす
賞状を手に記念撮影
 9月21日(金曜日)、9月7日(金曜日)から9日(日曜日)に東京都で開催された第47回全国都道府県対抗自転車競技大会に出場した白石真悟さんが長門市役所を訪れました。 白石選手は、大会最終日のロードレースに出場。スタート前、山口県の成績は4位で白石選手の順位次第で順位が大きく左右される状況となりました。個人で入賞すれば山口県チームは3位、3位以内に入れば2位になれるという大きな期待とプレッシャーの中で見事3位に入り、山口県チームの2位に大きく貢献しました。 白石選手は「上りがきつく下りがカーブが多くて難しい、かけ引きのできないコースだったので自分に向いていた」とコースを分析し「チームにとって最低限の仕事ができた」と大会を振り返りました。 なお、白石選手は10月3日(水曜日)から7日(日曜日)岐阜市と美濃市で開催される第67回国民体育大会「ぎふ清流国体」自転車競技のトラックレースとロードレースに出場することとなっており、この大会でも活躍が期待されます。