ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 消防操法大会激励会

消防操法大会激励会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月7日更新
第1火点からの移動の速さが勝負のカギ

第1火点からの移動の速さが勝負のカギ
競技開始と同時に全力で走る
きびきびとした号令で整列
収納も競技のうち
市長に人員・機材の報告
 9月6日(木)、旧大畑小学校グラウンドで、第59回山口県消防操法大会出場部隊激励会が開催されました。これは、9月15日に山口県消防学校にて行われる第59回山口県消防操法大会に出場する長門市消防団2部隊に対して大西市長が激励をするもので、当日は実際に応急操法を行いました。出場予定の部隊は、長門市消防団深川北分団第3部隊と向津具分団久津部隊・田久道部隊です。  激励会ではまず2部隊により応急操法が披露されました。2部隊ともこれまでにしっかりとした練習を行っており、全力で疾走し、確実にホースをつなぎ、的であるコーンを倒していました。 操作が終わった後、大西市長から「今日は日頃の練習の成果をみせてもらいました。15日の本番には、練習の成果をぜひ遺憾なく発揮してください。立派な成績を期待しています」と激励しました。  激励会が終わった後も2部隊は残って練習を行い、本番に備えていました。