ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 120万人目の来館者

120万人目の来館者

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月24日更新
120万人目を迎え、くす玉で祝う

120万人目を迎え、くす玉で祝う
大西市長からお祝いのあいさつ
矢崎節夫館長からは詩集が贈られる
石井ふく子さんからもお祝い
5人で記念撮影
helvetica 8月24日(金)、仙崎にある金子みすゞ記念館の入館者が120万人目を迎え、記念のセレモニーが開催されました。  120万人目となったのは、福岡県から来館した山下瞳さん、大峰綾乃さん、安田朱里さん、松浦友愛さん、小林友希乃さんの5人で、福岡県宮若市にある福丸保育園の学童保育の修養道場の一環で訪れたものです。  セレモニーでは、大西市長が、「館内を見学してみすゞさんのやさしさを堪能してください。そして、2学期からも勉強に運動にがんばってください」とあいさつ。また、矢崎節夫館長は、「みんなで仲良く詩を読んでください」とみすゞの詩集を手渡しました。 また、たまたま来館していた石井ふく子さんも、「明日とあさってルネッサながとで行われる公演のため、今日はみすゞさんのお墓参りに来ていました。こうしてお会いできるのもみすゞさんに呼び寄せられたのではないかと思います。みすゞさんのいろいろなものを吸収してすてきな子どもになってください」と話しました。  120万人目となった5人は、「120万人目になってびっくりした」「120万人目になって緊張してびっくりした」「少しうれしかった」などと照れながら話していました。 ; min-height: 24px  金子みすゞ記念館は、平成15年4月11日に開館、平成23年5月10日に100万人目のお客さんを迎えました。