ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大津軟式野球部が全国へ出発

大津軟式野球部が全国へ出発

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月23日更新
多くの人に見送られて出発する選手

多くの人に見送られて出発する選手
市役所玄関前に並ぶナイン
永田監督のあいさつ
大西市長が激励
力強い言葉を残した大田主将
 8月23日(木曜日)、第57回全国高等学校軟式野球選手権大会に出場する大津・大津緑洋高校軟式野球部の出発式が市役所南側玄関前でありました。 出発式でははじめに永田監督が「選手たちは少ない人数のなかよくがんばってくれた。全国大会では思う存分力を発揮してきたい」とあいさつをしました。続いて大西市長が「日々の努力の成果が実った。65年の歴史と伝統を締めくくる、集大成にふさわしい試合を見せてほしい」と選手たちを激励しました。最後に選手を代表して大田主将が「全員野球でいい戦いをして全国制覇を目指します」と意気込みを述べました。 出発式の後、大津・大津緑洋軟式野球部は、保護者や学校関係者、市職員などに見送られながら兵庫県明石市へ向け出発しました。 なお、大会は今月25日から29日まで行われ、大津・大津緑洋高校は8月26日(日曜日)に高砂市野球場において南東北代表の気仙沼高校(宮城県)と対戦します。