ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大津軟式野球部激励会

大津軟式野球部激励会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月20日更新
がっちり握手を交わす大田主将と大西市長

がっちり握手を交わす大田主将と大西市長
激励会では決勝戦の内容などが話された
大西市長を囲んで記念撮影
決勝戦の試合前に円陣を組むナイン
優勝を決め球場前で記念撮影
 8月20日(月曜日)、第57回全国高等学校軟式野球選手権大会に出場する大津・大津緑洋高校軟式野球部の激励会が長門市役所でありました。大津・大津緑洋高校軟式野球部は8月8日に柳井市のビジコム柳井スタジアムで行われた第57回全国高校軟式野球選手権西中国大会決勝で広島商(広島)を1−0で破り、2年連続13回目の優勝を果たしました。 激励会でははじめに大西市長が「大津高校は65年の歴史に幕を閉じるが、その歴史にふさわしい結果を期待しています」と激励の言葉を述べました。その後、大西市長より激励費を受け取った大田惇貴主将が「地域の皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに全員野球で全国制覇を目指します」と意気込みを述べました。 なお、大津・大津緑洋軟式野球部は、23日(木曜日)に市役所南側玄関前で出発式が行われ、兵庫県明石市へ向け出発し、26日(日曜日)に高砂市野球場で宮城県の気仙沼高校と対戦します。