ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 仙崎地方卸売市場竣工式

仙崎地方卸売市場竣工式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月27日更新
竣工式を迎えた新市場

竣工式を迎えた新市場
あいさつをする二井関成知事
車輌乗り入れ防止のための段差
車輌通行帯および排ガス緩衝帯
壇上に立つ安倍衆議院議員
apple-style-span 7月27日(金曜日)、老朽化が著しく整備が進められていた仙崎地方卸売市場の新市場が完成し竣工式が行われました。竣工式には地元選出の国会議員や県知事、漁協関係者など約200人が集まりました。はじめに山口県漁協長門統括支店の津室喜久運営委員長が「職員が一体となって心を新たに頑張っていきたい。また、新市場を拠点にびぃびぃ朝市など販売により一層力を入れたい」とあいさつをしました。また、安倍晋三衆議院議員apple-style-spanが「仙崎というブランドが日本を代表するブランドになることを期待している」とあいさつをしました。 今回完成した新市場は、面積が4,622.20平方メートルで工事費が9億7,890万円。水産庁の水産物流通機能高度化対策事業により実施されました。施設の特徴としては、車両消毒装置や紫外線殺菌装置、殺菌消毒用足洗い場など最新の設備が整えられています。また、新市場は、指定車輌以外の市場進入禁止や木箱使用禁止してスチロール箱を使用するなど衛生的で品質の良い水産物を供給できる施設となっています。 なお、新市場の供用開始は、7月30日(月曜日)からとなっており、午前2時から1番ぜりが行われるということです。