ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながと仙崎花火大会

ながと仙崎花火大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月23日更新
今年も工夫を凝らした花火が上がった

今年も工夫を凝らした花火が上がった
歩行者天国は大混雑
会場では浴衣姿が多く見られた
仙崎の空を彩る艶やかな花火
今年は大玉が多く打ち上げられた
font: normal normal normal 16px/normal &;  font: normal normal normal 16px/normal helvetica7月font: normal normal normal 16px/normal helvetica21日(土)、恒例の第font: normal normal normal 16px/normal helvetica58回ながと仙崎花火大会が仙崎湾で開催されました。今年は例年23日に開催していた花火大会を、たくさんの人に見てもらおうと21日にずらして開かれました。 font: normal normal normal 16px/normal &; 約3500発の打ち上げ花火が仙崎の夜空を飾り、約35,000人の来場者は美しい花火の光に見入っていました。今年は特に大玉の花火が多く打ち上げられ、一層大きな花火の音が会場に響き渡りました。 font: normal normal normal 16px/normal &;  font: normal normal normal 16px/normal &;  県道仙崎港線は18時から歩行者天国となり、たくさんの出店もありました。会場には、浴衣姿で訪れる人もたくさん見られました。