ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > やきとり列車が走る

やきとり列車が走る

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月23日更新
列車から降りて歓迎に応える

列車から降りて歓迎に応える
湯本の旅館の女将が出迎え
プラットフォームは歓迎ムード一色
長門の観光ポスターで出迎え
約2分間の停車でした

7月21日(土曜日)、JR美祢線をやきとり列車が走りました。
これは、おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会が主催したもので、JR新山口駅からJR厚狭駅を経由してJR仙崎駅まで運行しました。
JR厚狭駅前では長州黒かしわや長州どりの焼き鳥約500本の実演販売が行われました。途中のJR長門湯本駅では、湯本温泉の女将さんたちによる出迎えがあり、乗車していた参加者は手を振ったり、一時停車にも関わらず車両から降りて写真を撮っていました。

終点のJR仙崎駅では、地元ガイドによる仙崎ガイドウォークが行われ、金子みすゞの故郷仙崎を散策しました。このイベントは、8月18日にも漁火見学やイカ釣り体験、俵山温泉での鹿の見学ツアーなどが予定されています。