ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国大会出場報告会

全国大会出場報告会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月11日更新
泉チームと市長が記念撮影

泉チームと市長が記念撮影
報告会のようす
報告会後の懇談
class="apple-style-spanfont: normal normal normal 14px/normal helvetica 7月font: normal normal normal 14px/normal helvetica11日(水)、全国消防救助技術大会出場報告会が市役所市長室で行われました。これは、font: normal normal normal 14px/normal helvetica7月font: normal normal normal 14px/normal helvetica4日に広島県消防学校で行われた第font: normal normal normal 14px/normal helvetica41回中国地区消防救助技術指導会の陸上競技:ほふく救出の部において、長門市消防本部のチームが中国地区代表として全国大会に出場することになったことを報告するもので、出場選手ら4人と消防長らが市長室を訪れました。helvetica" class="apple-style-spanhelvetica" class="apple-style-span  出場するのは、ほふく救出の部の泉チームで、泉雅健選手、坂本直紀選手、平川泰基選手の3人です。この部門では、3人一組(要救助者を含む)で1人が空気呼吸器を装着して長さ8メートルの煙道内を検索し、要救助者を屋外に救出したあと、2人で安全地点まで搬送します。  報告会終了後、大西市長と出場する3人の選手らが懇談し、市長は、「全国大会に出場することは、日頃の訓練の賜物だと思います。心からお祝い申し上げます。全国に長門市の名前を轟かせるためにも、しっかり訓練をしていただき、体力をつけて、市民の力強い声援を背にがんばってください」と激励しました。 出場する選手たちは「これまでの最高成績の3位に迫れるよう、がんばります」と答えていました。 全国大会は、8月7日に東京都江東区のゆりかもめ新豊洲会場にて行われます。