ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 地域公共交通計画策定協議会

地域公共交通計画策定協議会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月6日更新
協議会のようす

協議会のようす
あいさつをする村田副市長
会長に就任した山口大学院理工学研究科准教授の榊原弘之さん
自己紹介をする委員
 6月6日(水)、長門市物産観光センターで第1回長門市地域公共交通計画策定協議会が開かれました。この協議会は、将来的な公共交通の維持・確保の指針となる計画を策定するために立ち上げられ、関係機関や学識経験者、地域住民の代表者など約20人の委員が出席しました。協議会を前に村田副市長が「公共交通機関は、日常に欠かせないものであるが、市民の満足度が低い。計画策定にあたって皆さまのご協力お願いします」とあいさつをしました。この日の協議会では、役員の選出や計画策定までのスケジュールなど5議案が承認されました。 なお、今後協議会では、交通実態調査や利用者のニーズの把握、地域の意見を踏まえた公共交通体系の見直しや再構築などが協議され、来年の3月までに計画案を取りまとめて市に提出することとなっています。