ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > くじら焼きを初販売

くじら焼きを初販売

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年5月7日更新
地元婦人会が心をこめて焼き上げる

地元婦人会が心をこめて焼き上げる
場所は仙崎郵便局前
これがたこの代わりのくじらの竜田揚げ
見た目はたこ焼きですが、味が違います
 5月4日(金)、金子みすゞ記念館の前の仙崎郵便局前で、くじら焼きの販売が行われました。これは、仙崎地区発展促進協議会が「みすゞ通り いらっしゃい祭り」を開催したことに合わせて、仙崎婦人会が今回初めて販売したものです。くじら焼きは、たこ焼きの具材のうちたこをくじらの竜田揚げに替えたもので、見た目はたこ焼きと同じです。連休の2日目ということで、金子みすゞ記念館へはたくさんの観光客が訪れる中、初めてのくじら焼きということで、たくさんの人が買い求めていました。くじら焼きを食べた観光客は、「思った以上においしいです」と感想を述べていました。いらっしゃい祭りには、フリーマーケットも行われ、観光客を歓迎しもてなしていました。