ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > しゃくなげ園で記念植樹

しゃくなげ園で記念植樹

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月14日更新
記念植樹した参加者

記念植樹した参加者
あいさつをする藤野会長
しゃくなげを植えた村田副市長と児童
イロハモミジを植樹する一般参加者
現在は三分咲き、見頃は4月20日ごろ
 4月14日(土)、俵山しゃくなげ園で3万本のしゃくなげが植樹されたことを記念して、3万本達成記念植樹が行われました。このしゃくなげ園は、俵山大羽山の金川鐡夫さんが40年以上前から自宅の裏山や休耕田で植栽し、現在約5ヘクタールの敷地に170種類が植えられています。 記念イベントには来賓や関係者、一般参加者など約100人が出席しました。植樹を前に主催者である俵山発展促進協議会会長の藤野忠次郎さんが「記念樹がすくすくと成長して訪れる人たちに憩いと潤いを与えたい。」とあいさつをしました。代表者記念植樹では、岡田実副知事や村田雅弘副市長らが俵山小学校1年生7人と力を合わせてしゃくなげの苗木を植樹しました。記念植樹の後、一般参加者や関係者らの手によってイロハモミジが約50本植えられました。しゃくなげを植えた児童は、「大きく丈夫に育ってほしいです。」と話していました。 なお、しゃくなげ園は、この日オープンし、20日頃見頃を迎えるということです。