ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 民間国連ヤング大使が帰国

民間国連ヤング大使が帰国

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月10日更新
山口県で初めて大使に選ばれた村岡美紀さん

山口県で初めて大使に選ばれた村岡美紀さん
写真を使って活動内容を報告
人の役に立つ活動をしていきたいと語る村岡さん
 4月10日(火)、民間国連ヤング大使が帰国し、長門市役所市長室で報告会が行われました。この日、市長室を訪れたのは、大津緑洋高校2年生の村岡美紀さんです。村岡さんは、財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターが主催する派遣事業において、国際連合薬物犯罪事務所へ寄附金を贈呈するためにオーストリア・ウィーンへ3月27日から6日間派遣されました。 大西市長は、「世界に出て体験したことを今後の活動に生かしてください。」と激励しました。これに対して村岡さんは、「薬物は無くさないといけない。今回の経験を友達や家族など身近なところから広げていき、これからも多くのボランティア活動をしていきたいです。」と話しました。