ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > jr長門湯本駅に設置

jr長門湯本駅に設置

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月10日更新
福岡から訪れた観光客が座り心地を試す

福岡から訪れた観光客が座り心地を試す
テーブルには銘板が
ぜひ座り心地を試してください
 4月9日(月)、jr長門湯本駅にスギ材を利用したテーブルと長いすが設置されました。これは、豊田流域林業振興会議が設置したもので、これまでも平成22年には里山ステーション俵山、平成23年度には長門市中央公民館にも設置されてきました。 この日は偶然居合わせた観光客の人たちが設置された長いすに座り、その立派なスギ材について振興会議の担当者に質問をしていました。 豊田流域林業振興会議は、長門市・下関市・山口県・山口県西部森林組合・山口県森林組合連合会を会員として、豊田流域の森林整備の推進・豊田流域材の利用促進及びpr、豊田流域林業施策の調整及び連携を目的に組織されています。