ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 美祢線災害復旧記録を寄贈

美祢線災害復旧記録を寄贈

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月9日更新
復旧の記録を手にする大西市長と寄贈した田尻部長

復旧の記録を手にする大西市長と寄贈した田尻部長
 4月9日(月)、jr西日本長門鉄道部の田尻寛部長が長門市役所を訪れ、美祢線災害復旧記録を長門市に寄贈しました。この記録には、平成21年7月に発生した美祢線における豪雨災害から平成23年9月26日の復旧に至るまでが記されています。長門鉄道部の田尻部長は、「ご支援ご協力いただいた皆様に感謝し寄贈します。」と話し、大西市長に手渡しました。これに対して大西市長は、「美祢線の利用推進を積極的に行っていきたいです。」とお礼を述べしました。 なお、この記録は、500部発行され、美祢線に関わる自治体や復旧に協力、支援した団体に寄贈されるということです。