ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 災害対応特殊救急自動車

災害対応特殊救急自動車

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月15日更新
新型の救急自動車

新型の救急自動車
人工蘇生器の説明
階段をスムーズに移動できるイーバックチェア
 3月15日(木)、長門市消防本部に災害対応特殊救急自動車が配備され、見学会が行われました。この救急自動車は緊急消防援助隊に登録予定で、災害対応に優れたさまざまな機材を搭載しています。 人工蘇生機(オートパルス人工蘇生システム)は、自動で心臓マッサージを行えるため、マッサージをしながら搬送することが可能です。また、階段等の段差をスムーズに移動できるイーバックチェアや、患者を運ぶときに上半身を起こした状態にして狭いエレベーターにも入ることのできるストレッチャーなども披露されました。この救急自動車は今後、中央消防署に配備され、活躍が期待されます。