ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 24時間朗読リレー!

24時間朗読リレー!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月12日更新
アートの中心で詩を朗読する参加者

アートの中心で詩を朗読する参加者
心を込めてていねいに朗読する参加者
朗読後のインタビュー
同時に行われた東北物産展
会場全体のようす
 3月10日(土)から11日(日)にかけて、金子みすゞさんが生前に残した512編の詩を、一般の参加者がリレーをしながら24時間かけて朗読するイベントがルネッサながとで開催されました。このイベントは、東日本大震災が起こって1年が経つことから、被災地へエールを送ろうとみすゞ燦参sun実行委員会が企画したもので、仙台市の仙台三越本店金子みすゞ展会場と中継をつなぎながら2ヵ所で朗読のリレーを実施。イベントの模様は、インターネットの動画配信サイト「ustream」を使って生放送されました。 会場には12万枚の笑顔写真を並べて作られたモザイクアート「プロジェクトmギネス」の再展示が行われ、参加者はアートの中心から被災者を想い、心を込めて詩を朗読しました。 朗読の後はインタビューが行われ、東北への励ましのメッセージなどを一人ひとりが述べていきました。