ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市議会議員研修会

長門市議会議員研修会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月8日更新
研修会会場のようす

研修会会場のようす
講師の山村和夫氏
講演会のようす
 2月8日(水)、第6回長門市議会議員研修会が長門市物産観光センター会議室で行われました。これは、「開かれた議会」の一環として、市民とともに考え、市政への住民参加を図ることを目的に、平成19年度から開催されているものです。今回は、日本捕鯨協会会長代理の山村和夫さんを招いて、「捕鯨問題の現状と課題」と題した講演が行われ、約40人の参加者が聴講しました。最初に松永市議会議長が「長門市には古くから古式捕鯨が行われており、鯨回向によってその文化を継承してきました。現在は国際問題等もありますが、捕鯨に関する理解を深め、次世代へ伝えていくためにも本市の捕鯨文化にご理解・ご協力をお願いします」とあいさつしました。講演では鯨の生態や国際捕鯨委員会(iwc)についての話があり、参加者は真剣な表情で聴いていました。