ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 平成24年成人式

平成24年成人式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年1月4日更新
久しぶりの友達と一緒に

久しぶりの友達と一緒に
式を盛り上げる三隅清風太鼓
式は厳かに行われました
ルネッサながとの劇場2階は父兄席
成人式オプショナルツアーのようす
 1月3日(火)、ルネッサながとで、平成24年長門市成人式が行われました。オープニングでは、三隅清風太鼓による「業火」「唄えや踊れや夜半の月」の2曲が演奏され、式に華を添えました。 国歌斉唱に続き、大西市長が式辞を述べました。大西市長は、「成人となられたみなさんも、「チーム長門」の一員として、長門市を盛り上げていっていただきたいと思います。今日のこの成人式にあたり、香月画伯の座右の銘「一瞬一生」をみなさんにお祝いの言葉として送ります。自分の判断を信じて、正々堂々と生き抜いてほしいと思います」とあいさつしました。 続いて、新成人445人を代表し、俵山地区の本田弘也さんが「二十歳の声」を発表しました。本田さんは、「私たちを温かく祝福してくださる長門市民の皆さまに感謝いたします。昨年の東日本大震災を通じて、家族や仲間との絆についてあらためて大切だということを知りました。これからは大切な家族のこと、地域のこと、国のこと、世界のことなど様々なことに義務と責任を持って携わることになりますが、向上心を持って努力し、邁進していきます」と自身が阪神大震災を経験したことを交えながら話しました。 式典終了後、各地区ごとに記念撮影が行われました。 成人式が全て終了した後、今年初のイベント「平成24年成人式オプショナルツアー」が開催されました。これは、jr美祢線の利用促進協議会とのタイアップにより実現したもので、美祢線お座敷列車第1号になります。新成人ほか約50人が参加しました。 長門市駅を出発し、美祢駅までの間は長門市にちなんだクイズを実施しました。美祢駅からの帰りの列車の中では、お笑い芸人の天野順一朗さんとhorryナイトの2人によるテンポの良いお笑いライブが行われました。参加した新成人は、普段では味わえない美祢線列車でのとても楽しいひとときを過ごしました。