ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門まるごと「旬」市場オープン

長門まるごと「旬」市場オープン

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月24日更新
オープンと同時に会場は大盛況

オープンと同時に会場は大盛況
開設式で阿野長門市長職務代理者があいさつ
オープン前からたくさんの人が列をつくりました
生産者の顔写真も展示
次々に来場者はレジに
 10月23日(日)、長門市深川湯本のja長門大津ライスセンター敷地内に、長門市農産物等直売 実証実験店舗 長門まるごと「旬」市場がオープンしました。これは、地域経済の活性化に繋がる「長門市農産物等直売施設(まるごと長門「旬」市場)」の実現に向けて、生産・販売等の実証実験を実施するために開設されたものです。開設式では、出荷者など40人が出席しました。ja長門大津の小田組合長が、「この販売所のオープンを契機に、所得の増加、地産地消の振興になるよう、一生懸命取り組みたいと思います。この施設が、直売施設の開設につなげられるよう祈っています。」と述べました。阿野長門市長職務代理者は、「この直販施設は、故南野市長の公約の、第1次産業の振興プロジェクトの1つです。実証実験を行うことにより、出荷、販売、運営を試して、どうすることが一番いいのか検証し、将来の直売施設整備につなげていけるよう努力したいと思います。」とあいさつしました。 9時から販売が始まりました。朝早くから約80人が行列を作り、販売開始とともに直販所は入場制限をするまでの大盛況になりました。来場者は、とれたての新鮮な野菜や農産物加工品を自分の目で確かめながら購入していました。また、会場内では、焼き鳥やカレーのバザー、軽トラ市も併せて開催され、たくさんの買い物客で賑わいました。この直販施設は、毎週日曜日、9時から開催されます。