ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 交通安全街頭キャンペーン

交通安全街頭キャンペーン

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月27日更新
チラシの入った袋を配布

チラシの入った袋を配布
子どもにも交通安全を呼びかける
買い物帰りの主婦に配布
キャンペーンで使う車に興味津々
キャンペーン終了後、実走して帰りました
9月21日から30日まで、秋の全国交通安全運動が展開されています。これに合わせて、26日(月)、市内のショッピングセンター前で 街頭キャンペーンが行われました。今回の全国交通安全運動では、・子どもと高齢者の交通事故防止・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に反射材用品等の着用の推進及び自転 車前照灯の徹底)・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底・飲酒運転の根絶・スピードダウンの推進(県重点)が重点目標とされ、取り組みが進められています。街頭キャンペーンでは、買い物に来た市民に交通安全のチラシの入った袋を配布しました。スピードを控え、10月に開催される「おいでませ!山口国体」に向けて思いやりと譲り合いの心でおもてなし運転をするよう呼びかけました。長門市では、9月30日(金)にも、フジ長門店前で15時から街頭キャンペーンが行われます。