ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 国体シーカヤックレース

国体シーカヤックレース

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月13日更新
エンジョイコースでちょるるのかぶりものをした選手

エンジョイコースでちょるるのかぶりものをした選手
アイランドコースが一斉にスタート
リレーで競い合ったチャレンジコース
応援にも熱が入っていました
温かい応援で選手をおもてなし
 9月11日(日)、「おいでませ!山口国体」のデモンストレーションスポーツ競技、シーカヤックレースが伊上海浜公園で開催され、油谷湾を舞台に240人の選手がタイムを競いました。レースは距離が10kmのアイランドコースと、4kmのエンジョイコース、100mを往復し5人でリレーするチャレンジコースの3つの競技で行われました。 午後から行われたチャレンジコースでは、 市内の中学校がそれぞれチームを作って出場。シーカヤックの経験が少ない中学生たちは波が高くなってきたこともあり、まっすぐ進めずコース外に流されていったり転覆したりする選手も多く見られましたが、それでもリレーをつなごうと懸命にパドルを漕いでいました。同じ中学校の生徒や保護者らは応援に熱が入り、レースは大盛り上がり。最後に優勝を手にしたのは菱海中学校のチーム「まさかまさや」でした。