ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

赤崎まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月12日更新
下川西楽踊保存会による「虎の子渡し」

下川西楽踊保存会による「虎の子渡し」
藤中楽踊保存会による「月の前の怜楽」
参道は出店で賑わいました
昔を思い出し前夜祭を楽しむ
湯本南条踊保存会による「湯本南条踊」
 「十日まつり」の呼び名で親しまれている「赤崎まつり」が、9月9日と10日に赤崎山周辺で開催されました。 9日の前夜祭では、魚のつかみ取りや子どもみこし、民謡大会、カラオケ大会が行われ、大いに盛り上がりました。また、神社までの参道にたくさんの出店が立ち並び、まつりの雰囲気を盛り上げていました。子どもの頃は夜出歩けなかった社会人たちも、昔を思い出し前夜祭を楽しんでいました。 10日に は、赤崎神社楽桟敷で楽踊りと湯本南条踊りが奉納され、下川西楽踊保存会による楽踊り「虎の子渡し」と湯本南条踊保存会による「湯本南条踊り」、また藤中楽踊保存会による楽踊り「月の前の伶楽」が奉納されました。夏を思わせる快晴の天気のもと、額に汗を浮かべて踊る姿をカメラに収めようと、桟敷からたくさんの人たちがカメラを構えていました。自然の屋外劇場で繰り広げられる伝統の舞に、会場からは大きな拍手が贈られていました。 contents attach