ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 美祢線利用促進協議会設立

美祢線利用促進協議会設立

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月26日更新
設立総会のようす

設立総会のようす
事務局からの説明
 平成22年7月の豪雨災害によって全線運休となっているjr美祢線が、9月26日から運行が再開されることが決定。jr美祢線は山陰と山陽を結ぶ重要な路線であることから、長門市でも独自の利用促進を検討するため「長門市jr美祢線利用促進協議会」が立ち上げられ、8月25日(木)に第1回目の協議会が開催されました。この協議会は、商業や観光、自治会や学校関係などの団体に所属している15人の委員で構成されていて、この日は規約を定めた後、会長に長門市自治会連絡協議会の沓野昭次会長が、副会長には長門市連合婦人会の長井美智子会長と長門市観光コンベンション協会の繁澤裕司専務理事が選出されました。事業計画では、住民利用と観光客利用の2つのテーマに分けて、団体利用者への運賃補助やノーマイカーデーの推進、美祢線を使った宿泊ツアーを企画することなどが話し合われました。次回は9月に開催し、具体策を話し合う予定です。