ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大津高野球部全国大会出場

大津高野球部全国大会出場

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月25日更新
拍手の中、壮行式会場に入場する選手たち

拍手の中、壮行式会場に入場する選手たち
全国大会への意気込みを語る宇野キャプテン
応援団のパフォーマンスと校歌斉唱
 8月22日(月)、第56回全国高等学校軟式野球選手権大会に出場する大津高校軟式野球部の壮行式が、大津高校体育館で開かれました。壮行式で原田剛校長は「これから出場するのは皆さんの夢の舞台です。自分を信じ、仲間を信じ、チームを信じて普段通りの野球をすれば結果はついてきます。健闘を祈っています」と激励の言葉を述べました。2年生の生徒会長、村田瞳さんは「生徒みんなに感動を与えてくれることを期待しています。皆さんの夢が叶うよう応援します」とあいさつを述べました。また、ステージ前には応援団が登場してパフォーマンスを披露。その後全校生徒による校歌斉唱で選手を励ましました。 野球部キャプテンの宇野祐士さんは「ここまで来ることができたのは地域の人たちのおかげです。感謝の気持ちを忘れず、チーム全員力を合わせて全国制覇の目標を成し遂げたいです」と意気込みを述べました。全国大会は25日(木)から、兵庫県明石市明石トーカロ球場で開催されます。