ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日置農高新直売所開店

日置農高新直売所開店

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月11日更新
新直売所店内のようす

新直売所店内のようす
開店セレモニーでのテープカット
笑顔でレジ業務をこなす高校生
おすすめの米粉パン
新直売所の外観
 8月11日(木)、日置農業高校・大津緑洋高校日置校舎に新たに建設された新農産物直売所がオープン。約100人の地域住民らが集まり、買い物を楽しみました。開店セレモニーで日置農高の奥野忠校長は「この新直売所は、面積が従来の直売所の約3倍と広いため、今後は商品の展示方法やマーケティングの学習にも力を入れていくほか、交流施設としての使用も検討しています」とあいさつ。また、生活科学科2年生の村木奈々美さんは「直売所は私たちが農産物の生産、加工、販売を学習するところです。生徒のアイディアがいっぱい詰まったお店なので、これからもぜひ足を運んでいただき、買い物を楽しんでください」と歓迎の言葉を述べました。その後、関係者や来賓によるテープカットが行われ、販売開始となりました。 来場客はあらかじめ配られた整理券の番号順に店内に入り、すいかや玉ねぎといった農産物、ジャムや缶詰などの加工品が並べられた棚を眺めながら、気に入った商品を買っていきました。接客を担当した加工流通班の3年生、嶋田夏季さんは「店内が広くなったので、たくさんの商品を並べて販売することができるようになり、地産地消に貢献できてうれしく思います」と話しました。 今後、この直売所は毎週火曜日の午後1時30分から1時間開店します。