ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市人権教育セミナー

長門市人権教育セミナー

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月2日更新
講師の門田氏

講師の門田氏
興味深い講演に参加者は熱心に聞いていました
主催者あいさつをする江原教育長
 7月31日(日)、長門市中央公民館で第1回長門市人権教育セミナーが開催されました。これは、人権に関わる問題への理解と認識を深め、さらに、人権問題の解決を自らの課題として受け止め、人権尊重の生き方を地域や職場に広めていくことをめざし、開催されたものです。市民約150人が参加しました。 セミナーでは、講師として作家の門田隆将氏が「光市母子殺害事件と「加害者・被害者」の人権」と題して講演を行いました。門田氏は高知県出身で、明治維新のこともあり、「山口県には親近感を覚える」と述べました。1999年に起こった光市の母子殺害事件の遺族を9年間に渡って取材、加害者の少年にも取材を行い、司法や被害者、加害者両方の人権の問題について講演しました。 長門市教育委員会では、今後も8月に第2回、12月に第3回の人権セミナーを、11月に人権フェスティバルを予定しています。