ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 没後80年金子みすゞ展

没後80年金子みすゞ展

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年7月26日更新
オープニングのテープカット

オープニングのテープカット
矢崎館長のあいさつ
展示案内のようす
各著名人のメッセージ展示
特設会場入口
 童謡詩人金子みすゞさんが生涯を終えて80年が経過したことを記念し、「没後80年 金子みすゞ展」がルネッサながと特設会場で開催されました。このみすゞ展では新たに発見されたみすゞさんの少女時代の写真や、遺稿が記された3冊の手帳、投稿作品が掲載された雑誌などの展示のほか、みすゞさんを愛する63人の著名人から寄せられたメッセージや書画、イラストを展示しています。 7月24(日)に行われたオープニングセレモニーでは、矢崎館長が「みすゞさんの作品は、私たちが普段忘れている思いやりの気持ちを思い出させてくれます。詩は現在、11カ国語に訳され世界中で愛されています。ぜひこの展覧会を楽しんで、皆さんにそれぞれのみすゞさんを見つけていただきたいです」とあいさつ。また、南野市長は「より多くの人がこの展覧会を見に訪れて、みすゞさんが育ったこの長門市を体感してほしいです」と話しました。■日時 7月24日(日)?8月21日(日) 9:30?19:00(入場は18:30まで・会期中は無休)■場所 ルネッサながと特設会場■料金一般 500円高校生以下 無料20名以上の団体、障がい手帳をお持ちの人およびその同伴者1名は400円金子みすゞ記念館入館者は300円(記念館チケットを提示)市内のホテル・旅館等で期間中ご宿泊の人はフロントで200円割引優待券がもらえます