ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 2011通くじら祭り

2011通くじら祭り

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年7月19日更新
全力の和船競漕スタート!

全力の和船競漕スタート!
鯨コロッケの販売コーナー
古式捕鯨外伝、13メートルの鯨を引っぱれ!
鯨汁無料配布コーナー
通小学校鯨唄
 7月17日(日)、通小浦埋立地で「2011通くじら祭り」が開催されました。今回は諸事情により海上古式捕鯨の実演は中止となりましたが、和船競漕大会や、鯨肉を使った料理のバザー、通小学校生徒による鯨唄などが行われ、炎天下にもかかわらず会場は大勢の家族連れでにぎわいました。 古式捕鯨に代わって新たに企画された「古式捕鯨外伝?通カップ?」では、例年海上古式捕鯨の実演に使用している全長13.5mのクジラの模型をロープで40メートル引き、そのタイムを競いました。これは、捕らえた鯨を陸に引き上げるようすを再現したもので、中学生以上の男性12人が参加しました。鯨料理のバザーでは鯨竜田揚げや鯨焼きちゃんぽん、鯨コロッケなど工夫をこらした鯨グルメ店舗が軒を連ね、来場客は普段食べることのない料理に舌鼓を打っていました。