ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすみハーブを愉しむ日

みすみハーブを愉しむ日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月13日更新
香月泰男美術館の裏のハーブ園

香月泰男美術館の裏のハーブ園
ハーブと花の摘み取り
「川俣シャモ・会津地鶏」の焼き鳥の実演販売のようす
同時開催の軽トラ市のようす
ハーブと花の苗販売もありました。
 6月12日(日)、香月泰男美術館横のハーブ園周辺で「みすみハーブを愉しむ日」が開催されました。 ハーブと花の摘み取りや、ハーブグッズ販売、ハーブと花の苗販売、新鮮野菜販売、ハーブの香りが愉しめるハーブカフェなどたくさんのイベントが催されました。また、会場では軽トラ市も開催され、来場者は新鮮な野菜やお弁当などを買い求めていました。 今回は先日開催された「どねーの青海島」に続いて、風評被害で鶏肉販売が落ち込んでいる福島県会津若松市や川俣町の「川俣シャモ・会津地鶏」の焼き鳥の実演販売が行われました。たくさんの来場者が川俣シャモ・会津地鶏の焼き鳥を買い求めていました。 当日はあいにくの天気でしたが、来場者は思い思いにハーブを愉しんでいました。