ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > チャリtオークション

チャリtオークション

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月13日更新
私もファッションモデルです。

私もファッションモデルです。
このようすはインターネットで中継されました。
市民モデルが披露しました。
四字熟語が覚えられる?
たくさんのtシャツに思いを込めて。
 6月11日、ウエーブで「だれでもチャリtオークション」のファッションショーが開催されました。これは、出品者がオリジナルtシャツを制作し、それをオークションで販売、売上金を東日本大震災の被災地への義援金として寄附するというもので、市内はもちろん、遠くはカナダからも応募があり、50人から118枚の出品がありました。 被災者を元気づけるメッセージが入ったもの、模様に独特のデザインを施したもの、ビーズを縫いつけたものなど、デザインや作り方に工夫を凝らしたtシャツを、市民モデル15人が披露しました。 また、この模様はインターネット上に中継され、ショーが終了したところでオークションが始まりました。このオークションは6月24日18時締め切りです。詳しくはhttp://pfe.nagatodx.com/dctahttp://pfe.nagatodx.com/dctaをご覧下さい。