ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 社会を明るくする運動推進大会

社会を明るくする運動推進大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月10日更新
長門市実施委員長としてあいさつする南野市長

長門市実施委員長としてあいさつする南野市長
熱心に耳を傾ける参加者
法務大臣からのメッセージの伝達
 6月10日(金)、第61回「社会を明るくする運動」推進大会が、長門市役所本庁会議室で開催されました。これは犯罪や非行の防止と、犯罪者の更 正について理解を深めるために行われているもので、保護司会や、更生保護女性会、民生児童委員、学校関係者など約65人が出席しました。  大会が始まると、実施委員長の南野市長は「東日本大震災から3ヵ月が経とうとしています。まだまだ避難所で生活している人もたくさんいらっしゃいます。そ んな中で、金子みすゞさんの詩によって人と人とのつながりがクローズアップされています。すべての市民が犯罪や非行の防止に努め、地域に根付いた運動を進 めていきましょう。」とあいさつしまし た。その後、地域の力による犯罪者の更生をテーマにしたビデオ上映や、山口保護観察所 嘉屋進所長による「更生保護について」と題した講演が行われま した。