ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市戦没者追悼式

長門市戦没者追悼式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月19日更新
追悼式のようす

追悼式のようす
追悼の辞を述べる南野市長
まず市長が献花を行いました
続いてご遺族の方が献花されました
 5月19日(木)、ながと総合体育館で平成23年度長門市戦没者追悼式が行われ、遺族をはじめとする 関係者約330人が出席しました。式では、全員で君が代を斉唱した後、戦没者英霊に感謝の黙祷を捧げました。そして南野市長が、「先の大戦が終わって66年が過ぎましたが、はるか異郷の地で最愛の家族のことを思いながら亡くなられた方のことを思うと今なお悲しみを禁じ得ない。また本日ご出席のご遺族の方々については、戦後の復興にご尽力いただいた功績について、敬意を表したいと思います。今日本は3月の震災から、人と人とのつながりの中での復興に向けて再び立ち上がろうとしています。どうか英霊となられたみなさまには、見守っていただきますようお願いします。」と式辞を述べました。その後、参列者一人ひとりが祭壇に献花を行い戦没者の霊を慰めました。 contents attach