ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 保健師が被災地から帰還

保健師が被災地から帰還

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月2日更新
無事の帰還を迎える南野市長

無事の帰還を迎える南野市長
報告会のようす
現地の活動を写真で報告
握手で又賀さんをねぎらう南野市長と阿野副市長
 5月2日(月)、東日本大震災被災地の宮城県東松島市で、8日間にわたり保健師として支援活動をしていた市職員の又賀千恵美さんが、現地での活動や被災地の状況を南野市長に報告しました。又賀さんは山口県の支援チーム第8班に所属し、4月22日から29日まで避難所で衛生管理や避難者の健康管理、在宅被災者の家庭訪問などを行いました。 又賀さんは「健康調査では、うつやptsdの症状がないかなど、精神的なチェックを重点的に行いました。私が担当した方たちの中にも、つらい思い出に苦しんでいたり、不安で夜に眠れなかったりと、精神的な症状が見られました。また、子どもを亡くされた人や職場の仲間たちが津波に流されたなどの話を実際に聞いて、胸が苦しくいたたまれない気持になりました」と報告。南野市長は「余震が続く中、保健活動に全力を尽くしてくれたことを誇りに思います。しっかりと疲れを癒してください」とねぎらいの言葉を述べました。