ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 金子みすゞ記念館8周年

金子みすゞ記念館8周年

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月11日更新
配布されるしおり型の記念券

配布されるしおり型の記念券
お客さんに合唱を披露するみすゞ保育園児
記念券を手に入れた兵庫県からのお客さん
 4月11日(月)、開館から8周年となった金子みすゞ記念館では、現在入館者に記念入館券の配布を行っています。この券はしおりとして使用できるもので、「金子みすゞ仙崎八景」の一つ、昭和初期の大泊港の写真と詩が印刷されたデザインです。配布枚数は3,000枚。なくなり次第終了となります。 また、この日は館内でみすゞ保育園年長組の園児たちが、みすゞさんの詩をもとにした曲「私と小鳥と鈴と」や「みんなをすきに」を合唱して8周年を祝うと、お客さんから大きな拍手が贈られました。