ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大津緑洋高校開校式

大津緑洋高校開校式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月11日更新
校名札の除幕式

校名札の除幕式
式典のようす
校旗授与
藪木眞子さんのあいさつ
 4月8日(金)、今年度開校した大津緑洋高校の開校・入学式がルネッサながとで開かれ、新入生や在校生など約1100人が出席しました。同校は県立高校の再編整備計画に基づき市内の大津、日置農業、水産の3つの高校が統合してできたもので、今年度の新入生216人が第1期生としてスタートしました。県内初のキャンパス方式を採用しており、普通科、農業系学科、水産系学科の5学科の授業を統合前のそれぞれの校舎で行います。 式典では、二井関成知事から原田剛校長への校旗授与が行われ、原田校長による入学許可宣言が行われました。二井知事は「この高校は全国でも珍しいキャンパス方式をとっていますが、それぞれの高校にある伝統を受け継ぎ、夢を実現するために力を発揮してください」と式辞を述べました。新入生代表の普通科1年、藪木眞子さんは「3校がひとつになり、特色ある教育が受けられることを期待しています。今までの伝統を学ぶとともに、これからも新しい伝統の礎を築き、1期生の自覚と誇りを持ってまい進します」とあいさつを述べました。