ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 仙崎小児童会が義援金

仙崎小児童会が義援金

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月24日更新
児童は左から國重さん、長谷川さん、上本君、南野君

児童は左から國重さん、長谷川さん、上本君、南野君
募金箱に入った義援金を渡す児童たち
 3月24日(木)、仙崎小学校児童会委員の4名が長門市役所市長室を訪れ、東北関東大震災被災地への義援金を南野市長に渡しました。この義援金は、児童会が中心となり仙崎小学校の児童や保護者から集めたもので、金額は141,885円です。5年生の南野裕次郎君は「僕たちは金子みすゞさんのまなざしを受け継いで学校生活を送っています。僕たちの思いやりを、大震災で被害にあわれた方々に届けようと募金活動を行いました。このお金を届けてください。よろしくお願いします」とあいさつし、南野市長に募金箱を手渡しました。それを受けとった南野市長は「皆さんの温かい気持ちは、この義援金を通して被災地の皆さんに伝わると思います。ありがとうございます」とお礼を述べました。