ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 介護予防市民公開講座

介護予防市民公開講座

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月14日更新
講演会のようす

講演会のようす
会場のようす
講演会のようす
 3月12日(土)、介護予防市民公開講座「認知症になっても安心して暮らせる地域づくり」講演会が、長門市中央公民館で行われました。主催者としてあいさつに立った南野市長は、「本市の高齢化率は、34%に達しており全国平均を大きく上回っています。今日は認知症の当事者の声も聞くことができますので、住み慣れた場所で安心して暮らし続けられる一助になればと思います」と述べました。講演では、認知症の人と家族の会岡山県支部代表 妻井令三さんが、母親の介護に当たったときの経験をもとに、「認知症と真正面から向き合い、認知症の人や家族の思いを汲み取ることが大切」と話しました。また、認知症と診断された戸田恵さんとそのお孫さんによる、共に暮らす日々の苦労話やそれを乗り越えようとする前向きな姿勢などの話しに、会場のみなさんは聞き入っていました。