ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市議会議員研修会

長門市議会議員研修会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月4日更新
研修会のようす

研修会のようす
講演をする坂本多旦さん
 2月4日(金)、第5回長門市議会議員研修会が長門市物産観光センター会議室で行われました。これは、「開かれた議会」の一環として、市民の皆さんとともに考え、市政への住民参加を図ることを目的に、平成19年度から開催されているものです。今回は、観光カリスマ百選にも選ばれた船方農場グループ代表坂本多旦さんを招いて、「船方農場グループの実践-農業経営の6次産業化」と題した講演が行われ、約50人の市民が聴講しました。坂本さんは船方農場の立ち上げから現在までの苦労話をもとに、農業が地域で成功するためには何が必要かを示唆に富む内容でお話され、つめかけた市民は熱心に聞き入っていました。その中で坂本さんは、「これからは買い物難民が地域の大きな課題になる」、「6次産業のポイントは、消費者が求める量を生産すること」、「旧三隅町の木村町長の言葉、一村一農場という考え方がこれからは重要になる」、「人口が減っていく中でも魅力的な農業は可能」など印象に残るお話をされました。