ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 鯨汁の無料試食会

鯨汁の無料試食会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月3日更新
350食分の鯨汁

350食分の鯨汁
鯨汁は大人気で長い行列ができました
試食コーナーのようす
おいしそうに食べる子ども
配られたおいしそうな鯨汁
 2月3日(木)、「長門大津くじら食文化を継承する会」による鯨汁の無料試食会が、フジ長門店で行われました。この日は節分で、昔から大きな物を食べる習慣があるため、同会では2月3日を「鯨の日」と設定して鯨文化の普及促進に取り組んでいます。  用意された鯨肉は、イワシクジラの赤身が7kg、白身(皮)が7kg。大根やにんじんなどたくさんの野菜と共に調理され、約350食分が配られました。同会の藤井文則事務局長は「味噌仕立てにすることで鯨肉の臭みが消え、とてもおいしく食べることができます。ぜひ多くの人に召し上がっていただいて鯨肉の味に触れ、鯨の食文化に親しんでほしいと思います」と話しました。