ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅山荘で消防訓練

三隅山荘で消防訓練

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月27日更新
村田清風記念館駐車場での放水訓練

村田清風記念館駐車場での放水訓練
三隅山荘前でホースを構える消防団員
出火場所付近のようす
河野課長のあいさつ
 1月27日(金)、国の史跡に指定されている三隅山荘(村田清風旧宅)で消防訓練が行われました。この訓練は、1月26日の「文化財防火デー」にちなんで行われたもので、消防本部や地元消防団、村田清風記念館職員など約20人が参加し、連携体制を確認しました。訓練は三隅山荘の玄関付近から出火し、記念館職員が発見したという想定で開始。通報、拝観者の誘導、放水訓練などが行われました。 訓練後には、消防本部予防課の河野貴治課長が「火災を発見したときはすぐに通報してください。通報が早いほど被害を小さくすることができます。文化財を火災等から守るためには管理者、地域、消防が一体となって予防に努めることが大切です」とあいさつ。つづいて記念館の大谷喜信館長が「この三隅山荘はたいへん貴重な文化財です。火災などで失うことがないように今後もご協力をお願いします」とあいさつし、訓練は終了しました。