ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 海保・消防合同放水訓練

海保・消防合同放水訓練

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月26日更新
海水を一斉放水する消防職員

海水を一斉放水する消防職員
「相互の連携強化を期待しています」と仙崎海保の佐藤至部長
新しく導入された接ぎ手を接続するところ
講評を述べる大深消防長
海水が送られてくる消防車両
 1月26日(水)、仙崎海上保安部と長門市消防本部による合同消防訓練が仙崎漁港で行われ、約20人の関係者が参加しました。この訓練は、震災等で消火栓が使えなくなった臨海地区での火災を想定したもので、海上保安部の巡視艇「さざんか」からくみ上げた海水を、ホースをつないで消防車両に供給し、放水しました。通常、海上保安部と消防本部では使用しているホースの形式が違うため接続できませんが、今回新たに製作した接ぎ手を導入することで接続が可能になりました。 訓練を終えると大深順次消防長が「今の訓練で連携を確認することができました。これまでは個別に訓練をしていましたが、今後はさらに連携を強化するため、さまざまな対応を模索しながら定期的に合同訓練を実施していきたいです」と講評しました。