ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「長門のさかな」で魚食普及

「長門のさかな」で魚食普及

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月25日更新
おいしそうに給食を食べる児童

おいしそうに給食を食べる児童
いただきますのあいさつ
6年生の給食のようす
この日のメニュー
 1月24日(月)、油谷小学校でメダイを使った給食が実施されました。これは山口県水産物消費拡大運動推進協議会などによる、魚食の普及を進めるための事業です。メダイは「長門のさかな」としてブランド化を進めている魚種の1つで、給食の食材に利用する事で地産地消や食育の推進も目的としています。この日のメダイを使ったメニューは照り焼きで、児童たちはおいしそうに食べていました。油谷小学校6年生の松?奈々さんは「あまり魚は好きじゃないけど、このメダイは柔らかくておいしいです」と話していました。この事業は22日から25日にかけて、市内の各小・中学校で実施される予定です。 contents attach