ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながと地域再生戦略会議

ながと地域再生戦略会議

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月22日更新
会議のようす

会議のようす
 12月21日(火)、第6回ながと地域再生戦略会議が物産観光センターで行われました。この会議は、市長の公約である「産業振興による地域活性化」を実現するために、各分野から選ばれた民間の委員によって、その方策を議論してもらうための市長の諮問機関です。今回は、再生戦略会議が今年の2月9日、市長に提言した産業振興プロジェクトとして3つの柱、農業活性化・水産業活性化・観光活性化について、それぞれ計画策定が進んでおり、その内容について提言した同会議としての意見を聞くために開催されたものです。 委員からは、3つの計画をどうリンクさせていくのか、具体的な政策が見えない、他地域との差別化はどうするのか、人づくりをどうするのか、農産物出荷協議会の早期立ち上げなどの意見が出ましたが、とにかく前に進めることが重要だとの結論に至りました。最後のあいさつに立った阿野副市長は、「貴重なご提言をいただきありがとうございました。この時期にこの会議を持ったのは、来年度予算に反映させたいという思いがある。今後、とにかくこれら計画を前に進めるため最大限の汗をかいていきたい」と述べました。再生戦略会議では、来年3月下旬に第2回ながと地域再生講座の開催を予定しています。