ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 総合沿岸海難救助訓練

総合沿岸海難救助訓練

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月6日更新
ヘリコプターで孤立者を吊り上げるところ

ヘリコプターで孤立者を吊り上げるところ
救助ロープをとばす「もやい銃」の発射訓練
海中転落者を救助船に引き上げるところ
故障した船を救助船が曳いて運ぶ訓練
開会式のようす
 9月5日(日)、仙崎人工島で総合沿岸海難救助訓練が行われ、仙崎海上保安部や県水難救済会仙崎救難所・同小島救難所、長門市消防本部などが参加しました。この訓練は震度6強の地震が発生したことを想定したもので、防波堤に孤立した人間のダミー人形をヘリコプターで吊り上げたり、海に転落した人を船で救助したりと、様々な訓練が行われました。  故障で航行不能になった船をロープで救助船に結びつけ、曳いて救助する曳航救助訓練では、仙崎海上保安部によって、まず最初に船の形に加工されたペットボトルを使い、ロープの結び方の説明が行われました。その後救助船に乗り込んで故障した船にぶつからないように近づき、ロープを渡してていねいに船にくくりつけ、運んで救助しました。