ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 太鼓の達人を目指せ!

太鼓の達人を目指せ!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年8月23日更新
楽しく太鼓の練習をする子どもたち

楽しく太鼓の練習をする子どもたち
わかりやすく指導する長門和太鼓連盟の「先生」
最後は「みすゞ音頭」が叩けるまでに
 8月22日(日)、和太鼓ワークショップ「太鼓の達人を目指せ!」がルネッサながとで開かれました。これはルネッサながと開館10周年の記念事業の一環として、長門市で昔から親しまれている和太鼓を体験してもらい、伝統芸能へ興味をもってもらおうと、ルネッサながと開館10周年記念事業実行委員会が企画したもので、子ども20人と大人3人が参加しました。指導は長門和太鼓連盟のみなさん。子どもの部では、音符に「いちご」や「ぴかちゅう」など子どもたちが大好きなものを使い、とてもわかりやすく指導が行われ、子どもたちは楽しそうに太鼓の練習をしていました。最初はとまどい気味だった子どもたちもぐんぐん上達、最後には「みすゞ音頭」が叩けるまでになりました。