ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 勇壮白潟神輿

勇壮白潟神輿

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年8月2日更新
海の中で持ち上げられる神輿

海の中で持ち上げられる神輿
家の中でまわされる神輿
神輿を運んでいるところ
海に入れられる神輿
最後に宮司も海へ
 8月1日(日)、白潟地区で御田頭(ごでんどう)の行事が行われ神輿が慶事のあった家を周りました。7月下旬から8月上旬に行われる田頭神幸祭りは、夏の稲の成長期に各地区で氏神の神輿をめぐらせ、五穀豊穣と地区の安泰、家の繁栄を祈る年中行事で、白潟地区では2年に一度行われます。神輿は新築・結婚・誕生・新造船などの慶事があった家や希望のある家に担ぎ込まれ、家の中で威勢良くまわされました。そして、最後に神輿は神社の近くの海に入れられまわされた後、飯山八幡宮の上田宮司も海に投げ込まれ勇壮な真夏の神事は終了しました。