ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 園児がルネッサで七夕飾り

園児がルネッサで七夕飾り

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年6月14日更新
飾り付けをする園児(深川幼稚園)

飾り付けをする園児(深川幼稚園)
飾り付けをする園児(みすゞ保育園)
飾り付けられた短冊
七夕の歌を歌う園児たち
飾り付けが終わったルネッサながとのロビー
 6月11日(金)、みすゞ保育園児 (24人)と深川幼稚園児(48人)が、ネルッサながとのロビーで七夕の飾りつけを行いました。このロビーでの七夕飾りはルネッサながとの中村事務局長の発案で3年前から行っているもので、仙台の七夕まつりをヒントにしたということです。笹飾りは全部で25本あり、天井からつるされた大きな七夕飾りは、市内の5ヵ所の児童クラブや福祉施設などが制作したものです。 飾り付けの終わった笹の短冊には、「お花屋さんになりたい」、「一輪車に乗れるようになりたい」、「野球選手になりたい」など園児の将来の夢や身近な願いが書かれていました。この笹飾りは8月1日まで設置されるということです。