ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 向陽小学校卒業式

向陽小学校卒業式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月18日更新
学校生活を思い浮かべながら歌う卒業生たち

学校生活を思い浮かべながら歌う卒業生たち
ステージで目標を発表する児童
校長式辞
 3月18日(金)、市内の各小学校で卒業式が行われました。 向陽小学校の卒業式は、男女合わせて14人の卒業生に、中野キクエ校長から卒業証書が手渡されました。証書を受け取った児童は、ステージの上で今後の目標を一人ずつ発表しました。中野校長は「これからは自分の周囲にしっかり関心を持ち、一人ひとりが自分の心を豊かにしていくための努力を続けていくことを願っています」と式辞を述べました。その後、教育委員会告辞、来賓祝辞が行われ、卒業生にお祝いの言葉が贈られました。来賓としてあいさつに立った長門市の岩崎伸広企画総務部長は、「中学校に行けばこれまで以上に責任を持った行動をしなければなりませんが、向陽小学校で学んだことを忘れず、一緒に喜び励まし合える仲間をつくり、がんばってください」と、南野市長の祝辞を代読し、14人の旅立ちを励ましました。